楚囚之詩(そしゅうのし)

北村透谷




 和歌でもなく俳句でもない詩が日本で最初に出版されたのは、明治15年(1882年)8月に刊行された「新体詩鈔」である。この詩集は東大教授であった外山正一、矢田部良吉、井上哲次郎の共著で創作詩・翻訳詩が入り交じっていた。
 しかし、日本に本格的な抒情詩・叙事詩が現れたのは「新体詩鈔」発刊の15年後のこと、明治30年の島崎藤村による「若菜集」と、明治32年の土井晩翠による「天地有情」であったといわれる。

 「新体詩抄」から「若菜集」までの15年の間に、いくつかの注目すべき大作の詩が発表されている。

        明治18年(1885年)  「十二の石塚」   作者 湯浅半月
        明治21年(1888年)  「孝女白菊」     作者 落合直文
        明治22年(1889年)  「楚囚之詩」     作者 北村透谷

 先に「孝女白菊」を取り上げたので、今回は「楚囚之詩」を紹介する。


 この詩は全編342行、16節からなる長編詩である。内容は政治犯が獄舎に捕らえられ、その上に自らの恋人・同志も投獄されたのだが、最後に自分が獄舎から解放されるまで、その間の自らの肉体的苦痛や精神的苦悩を物語として取りまとめたものである。
  
                       第一

           曽(か)つて誤って法を破り
                  政治の罪人(つみびと)として捕らはれたり、
           余と生死を誓ひし壮士等の
                  数多(あまた)あるうちに余は其首領なり、
                  中に、余が最愛の
                  まだ蕾の花なる少女も、
                  国の為とて諸共に
                  この花婿も花嫁も。


 北村透谷がこの詩を発表したのは彼が22歳の時であった。彼自身が獄舎に投じられたとの記録はないが、18歳の時、大井憲太郎らの朝鮮革命計画の一端を担う資金調達の強盗計画に誘われたがこれを拒否、その後同志と決別したといわれる。
 このような政治活動との関わりが、彼をしてこの詩を作らせる契機となったのであろうか。


                    第二 (部分)

              嗚呼(ああ)楚囚! 世の太陽はいと遠し!
              噫(ああ)此は何の科(とが)ぞや?
                ただ国の前途を計りてなり!
              噫此は何の結果ぞや?
                此世の民に尽くしたればなり!
 

 「楚囚」とは中国・春秋時代、楚の鐘儀が晋に捕らえられた後も、楚国の冠をつけて故国をわすれなかった故事から、他郷においてとらわれの身となった囚人をさす。


                  第三 (部分)

              獄舎(ひとや)!つたなくも余が迷い入れる獄舎は、
                二重の壁にて世界と隔たれり、
                     ----
              中に四つの仕切が境となり、
                四人の罪人(つみびと)が打揃ひて−−−−
                     ---
              四人は一室(ひとま)にありながら
                物語することは許されず、
              四人は同じ思ひを持ちながら
                そを運ぶ事さへ容(ゆる)されず、
              各自限られたる場所の外(ほか)へは
                足を踏み出す事かなはず、
                 ただ相交ふ者としては
                 仝(おな)じ心のためいきなり。


 この後、第四以降は恋人(花嫁)の紹介、同志の紹介、獄舎の窓から見える月に対する感慨などが続く。とこうする中、ある朝目覚めると、わが恋人も三人の同志も別の獄舎に送られていた。此の後は、獄舎での独居となる。


                      第十

              倦み来りて、記憶も歳月も皆去りぬ、
                寒くなり暖かくなり、春、秋、と過ぎぬ、
              暗さ物憂さにも余は感情を失ひて
                今は唯だ膝を組む事のみを知りぬ、
              罪も望みも、世界も星辰も皆尽きて
              余にはあらゆる者皆、・・・・無に帰して
              ただ寂寥、・・・・微かなる呼吸−−−−
                生死の闇の響きなる
              甘き愛の花嫁も、身を抛(なげ)うちし国事も
              忘れはて、もう夢とも又現とも!
              嗚呼数歩を運べずすなはち壁、
              三回(三たび)まはれば疲る、流石に余が足も!


 昼と夜の区別もなくなる中、世界の生物が見舞に来た。まずは蝙蝠(こうもり)。冬を過ぎれば鶯。鶯は愛する恋人の化身かとも思う。鶯の歌の意味を聴き取れるようになった。やがて、ここを自らの墓所と定めた。自らは生きながら既に葬られたのだ。


                     第十六

              鶯は余を捨てて去り
              余は更に怏鬱(おううつ)に沈みたり、
              春は都に如何なりや?
              確かに、都は今が花なり!
                斯く余が想像(おもい)中央(なかば)に
              久ぶりに獄吏は入り来たれり。
              遂に余は放(ゆる)されて、
              大赦の大慈(めぐみ)を感謝せり
              門を出(いづ)れば、多くの朋友、
                集ひ、余を迎え来たれり、
              中にも余が最愛の花嫁は、
                走り来たりて余の手を握りたり、
              彼れが眼にも余が眼にも同じ涙−−−
                又多数の朋友は喜んで踏舞せり、
              先の可愛(かわ)ゆき鶯も爰(ここ)に来たりて
                再び美妙の調べを、衆(みな)に聞かせたり。



 「楚囚之詩」は以上をもって終わる。

 物語詩としてのプロットは「十二の石塚」や「孝女白菊」に比べるとやや深みがたりない。しかしこれが二十二歳の青年の作品である事、又この詩が五七調を離れた文語自由詩形式で書かれたものである事を、私としては強調したい。
 

 この早熟な詩人は、この後、二十七歳で自らの命を断った。旧制高校時代に私が彼を知ったのも、厭世詩人としての彼の作品を読んでからであった。



                     お礼のことば

 平成13年初頭まで、私は書店・地方図書館を回って「楚囚之詩」を探したが、どこにも見あたらなかった。ところがインターネット上に「青空文庫」があり、ここで絶版になった小説・詩がボランティアの手でインプットされ、誰でも無料で閲覧できる事を知り、早速「楚囚之詩」を検索したところ、何と登録されているではないか。早速テキストをダウンロードし、利用させていただいた。

 感激と感謝の念をもって、古典の保存と閲覧に努力しておられる「青空文庫」関係者に、厚くお礼申しあげる。
                                      [2001年6月記]


                     

                    想い出の詩 に移る。
                    想い出の詞藻 に移る。
                    トップページ に戻る。