追憶の詩 ---(4)
In Memoriam


Alfred Tennyson
アルフレッド テニスン




              When summer's hourly-mellowing change
                  May breathe, with many roses sweet,
                  Upon the thousand waves of wheat,
               That ripple round thy brow.

               Come: not in watches of night,
                  But where the sunbeam broodeth warm,
                  Come, beauteous in thine after form,
               And like a finer light in light.



              夏の日のそよ風が、ばらの甘い香りとともに
                  何千もの麦の穂波に、
                  あなたの額に揺れる髪に、
              刻々と変わる香(かぐわ)しさを息吹(いぶ)く時。

              あなたよ帰ってきておくれ、夜中に目覚めているときではなく、
                  暖かい陽射しがみなぎるときに。
                  帰ってきておくれ、後の世の美しい姿で
              陽射しの中のひときわ素晴らしい光のように。
                                   [翻訳:Tad]




 19世紀英国の桂冠詩人テニスンが亡友ハラムに捧げた「追憶の詩」は、全編131節よりなり、1節は短いもので12行、長いものでは64行の詩で構成されている。当時の詩の慣らいとして、聖書を始めとし、ギリシャ神話、ミルトン、ゲーテ、シェークスピア、その他の作品からの引用が多く、古典に通じていない現代人としては、字面を理解するだけでも容易でない。そのような難しい作品の引用を4年にわたって続けるのは、この詩に書かれている親友ハラムを失ったテニスンの悲しさが、惻々として私の心を打つからである。

 これだけの大作を、私が全く独学で理解できようはずがない。私の手元には「Penguin Classics」から出版されている「テニスン詩集選(原文)」と、昭和9年に初版本が発行された「入江直祐訳イン・メモリアム」の第11刷岩波文庫本(昭和25年発行)があり、両者を交互に読み比べて私なりに翻訳を行っている。

 この訳詞を、5年前の7月に世を去った娘の霊前に捧げる。
                                   [2001年7月10日記]


                    

                   想い出の詩 に移る。
                   想い出の詞藻 に移る。
                   トップページ に戻る。