「分かち書き」の詩人

岩野泡鳴



                     無言の石


              云はず、 語らぬ  石  を  いだき、
              われは  この世  を  泣きに  泣きぬ、
              人  の  いふなる  恋  にあらず、
              おのが  受けたる  苦  にも  あらず。
 
              苦  にも  恋  にも  更に  増して
              胸  の  さびしみ  あふれ来なば、
              もゆる  思ひ  の  肉  は  焼けて、
              なみだ  ばかり  ぞ  熱く  流る。

              われに  神  なく、 且は  死  なく、
              あり と  いふべき  この  かなしみ、
              今や  生命(いのち)  の  糧(かて)  と  なりて、
              つきぬ  わが世  は  石  と  ともぞ。

              かれは  「無言」  を  絶えず  生めば
              われは  なみだ  を  そそぎ継がん。



             私は石を抱いて、この世のさびしさを泣く。
             そのさびしさは恋でもなく、人生の苦しさでもない。
             神を信ずるのでもなく、死を恐れるのでもない。

            「さびしさ」はまるで自分の人生の糧(かて)のよう。
            もの言わぬ石に涙をそそいで、無言と、さびしさと、
            ともに生きよう。
                                     [Tad翻案]


 句読点以外に文章・文字の区切りのない日本語に比べて、欧米語は文字単位で区切りがある。その整然とした文体にあこがれてか、岩野泡鳴の詩は「分かち書き」で書かれている。率直に言って、分かち書きの詩は慣れるまでは大変に読みにくい。その読みにくさのゆえに、岩野泡鳴の名は古くから私の記憶にとどまっていた。

 岩野泡鳴、本名美衛は明治6年に兵庫県淡路島洲本町で生まれた。東京出て明治学院に入り、後仙台神学校へ進んだ。明治学園の一級上には島崎藤村がおり、彼の刺激で詩や小説を書くようになったとか。また神学校時代にはエマーソン(米国の思想家・詩人)に傾倒した。彼の分かち書き文体は、この影響によるものだろうか。

 泡鳴は明治34年に第一詩集を発表した。その後積極的に詩作品、・評論を発表し、蒲原有明らとともに象徴詩人として活躍した。「無言の石」は初期の作品で、これを象徴詩と呼ぶにはやや稚いように思われる。 明治40年代になると彼は小説を発表し、自然主義作家の地位を確立した。
 
 今日、彼の詩作を目にすることは非常に難しい。彼の詩作の変遷を見ることはとても不可能だ。そこで今回は、このような変わった詩があったことを紹介するのを主な目的とした。
 岩野泡鳴は大正9年に没した。
                                   [2001年8月10日記]


                    

                   想い出の詩 に移る。
                   想い出の詞藻 に戻る。
                   トップページ に移る。