「文庫派」の詩人(2)

横瀬夜雨


                      沼 に て


               蓮(はちす)の浮波(うきは)掻分けて
               棹(さお)さし廻る湖や
               落日(おつるひ)空の雲染めて
               夕の浪は静かなり
 
               筑波も暮れぬ野も暮れぬ
               唄も暮れぬる藻刈船
               撓(しな)へる棹を操(あやつ)りて
               行くべき方も暮れにけり

               柳垂れたる江の上(ほとり)
               橋かけ通る裸馬
               打放(うちはら)らかす立髪(たてがみ)の
               黒きも水に洗はれて

               手綱控ふる若者の
               鉢巻白し秋の風
               舟と橋との上にして
               恋もあれかし恥ずかしの



              落日は雲を染めて 夕べの浪は静かである
              蓮の葉を掻き分けて 家に向かう藻刈船
              船の歌声は終わり あたりの景色も暮れなずんできた

              柳のほとりにかかる橋を 水洗を終えた裸馬が通る
              馬の手綱を引く青年 その鉢巻きは秋風に白くなびく

              船と橋の上には 恥じらいの恋がある
                                      [Tad翻案]


 この「沼にて」を初めて読むと、なにか静かな秋の夕景をうたった詩かと思う。そして最後の一行 になって、はじめてこれは恋歌と知る。控えめな恋歌である。この詩には「女」という文字は全く現れない。船を棹さし歌うのは男か女か、その疑問も最後になって明らかとなる。
  

 横瀬夜雨、本名は虎身といい、明治11年に茨城県真壁郡で生まれた。幼くして佝僂病にかかり小学校を中退で終わり、一生をこの地で送ったという。そうした彼の身体的障害が初期の詩作に何となく影を落としているように感じられる。

 17歳の時投稿詩が「少年文庫」に初めて入選、その後「文庫」に寄稿するようになった。明治30年以降、河井酔茗、伊良子清白と共に「文庫派の詩人」として名を広めた。明治末から短歌・童謡を作り、更に昭和に入ってからは幕末・明治初期に関する著述が多い。

 次ぎの作品は、越後から常陸に働きに出てきた娘が、故郷を偲んで泣くという童謡であるが、「沼にて」と同様、情景の描写と淋しさを巧みに表現した作品である。



                      お 才

                女男(ふたり)居てさえ筑波の山に
                霧がかかれば寂しいもの

                佐渡の小島の夕浪千鳥
                弥彦(やひこ)の風の寒からむ

                越後出てから常陸(ひたち)まで
                泣きにはるばる来はせねど

                お月様さへ十三七つ
                お父恋ふるが無理かえな

                三国峠の岨路(そばみち)を
                越えて帰るは何時じゃやら

                やはり妹(おばま)と背負縄(せほひなわ)かけて
                薪木(たきぎ)拾うてあったもの

                お才あれ見よ越後の国の
                雁が来たにとだまされて

                弥彦山から見た筑波根を
                今は麓(ふもと)で泣こうとは

                心細さに出て山見れば
                雪のかからぬ山は無い
                                 [2001年9月10日記]


                    

                   想い出の詩 に移る。
                   想い出の詞藻 に移る。
                   トップページ に戻る。