「文庫派」の詩人

河井酔茗



                         雪 炎


               土手の片蔭(かたかげ)に雪が残ってゐる
               雪の上を月が照らしてゐる。
               月に色はない
               雪にも色はない。
               月の光と
               雪の息とが縺(もつ)れあって
               冷たい陽炎(かげろふ)が立つ。

               ちらちらと眩(まぶ)しい、
               白いやうな、
               青いやうな、
               紅(あか)いやうな繊(ほそ)い炎が燃える。



               土手の片側に残っている雪を月が照らしている。
               月にも雪にも色がないのに、
               月の光と雪の反射がもつれあって
               まるでかげろうのように
               白のような、青のような、赤のような
               細い炎が燃えるかのよう。
                 −−−春も近く、生命の炎が燃えるかのよう。
                                       [Tad翻案]




 河井酔茗。この不可思議な名前のゆえに、学生時代から彼の名前は知っていた。だが、彼の詩に目を通したのは最近のことである。ところで「茗(めい)」とは酔うことで「酩(めい)」と同じ読みだ。さしづめ、彼の名前の意味は「酔いつぶれ」とでもいうのだろうか。ただし、本人は酒は一滴も駄目だったという。

 河井酔茗。本名を又平と呼び、明治7年、大阪府堺市に生まれた。東京専門学校に入学するも間もなく中退し、「少年文庫」などに詩作を投稿した。明治28年に与謝野鉄幹、伊良子清白らを知り、同年、「文庫」の編集者となった。
 明治34年に第一詩集「無弦弓」を発表して後、昭和18年までに7冊の詩集を発表しているが、今日、それらの詩集を目にすることはほとんど不可能である。

 手元にある酔茗の初期の詩はいずれも文語体だが、七五調ではない。ある詩は青年の気概を謳い、又ある詩は恋を詠う。
 だが、この後酔茗の詩は口語自由詩となり象徴詩の傾向が感じられるようになる。




                      月の痛み

       月が痛む、光を失うた月の亡骸(なきがら)は赤銅(あかがね)色をして気絶した。
       滅びてしまうやうであり、生き帰るやうであり、萎えはてた月の
          面は苦痛にあへぎ、絶望にうめく。
       夜の力はゆるんでゆく、
       鳥は塒(ねぐら)から落ち、人は地に躓(つまず)く、葉は黒い息を吐き大地は静かに
          沈んでゆく。
       まだ月が痛む。
       たよりない色よ、心細い姿よ、生きる勢ひはまるで失せた。
        地平に落ちるやうにも見えない、われわれに近づくやうにも思へない、
       遠ざかるのだ、恐れ恐れ遠ざかるのだ。



 この「月の痛み」は、おそらく月食を目にした酔茗が、そこから連想される情景を詠ったものであろう。情景描写としてこの詩には何の解説も不要である。だが、酔茗は単に月食の情景描写を意図してこの詩を書いたのであろうか。

             ある時は満月で、ある時は弦月で、月は夜空にかがやく。
             だが今宵の月は光を失った。
             月の面は絶望にうめき、大地は静かに沈んでゆく。

             だが月は地平に落ちるようには見えない。
             恐れ遠ざかるのだ。

            −−−−明日には、月は光を取り戻すだろう。     [Tad翻案]

 月食の月に、人生の絶望を重ね合わせる。だが恐れ遠ざかる月が、明日には光を取り戻すことを知った上で、あえてそのことに触れずに人生の苦しみのみを詠う。希望がほしい、人は弱いものだ、とでもいいたいのか。
 昭和40年、河井酔茗は93才で死去した。
                                       [2001年9月10日記]


                     

                   想い出の詩 に移る。
                   想い出の詞藻 に戻る。
                   トップページ に戻る。