十二の石塚

 湯浅半月



  明治15年に日本で初めての詩集「新体詩鈔」が発表された。そのわずか3年後の明治18年に、湯浅半月(本名吉郎)は同志社英学校神学科の卒業式の席上、全編688行からなる一大長編叙事詩「十二の石塚」を本人が朗読して発表した。並み居る参加者はこの卒業作品に一様に驚き、感銘したという。
 落合直文が「孝女白菊の歌」を発表したのはこの3年後、また北村透谷が「楚囚之詩」を発表したのは更にその1年後のことであった。

 島崎藤村が日本近代詩の幕開けとなったといわれる「若菜集」を発表したのがこの12年後の明治30年であることを思えば、半月の詩作がいかに先駆的な意味を持つかが理解できよう。

 「十二の石塚」は全体が5編で構成されている。以下、各編の主要な部分とそれぞれの梗概を紹介する。



                   一回  緒言・荒野

                  和歌の浦の磯崎こゆる
                   しら浪のしらぬむかしを
                     松陰の真砂にふして
                    もとむともかひやなからん
                    玉津島姫
                   久方の天つみそのに
                    むれ遊ぶ聖霊の鳩の
                  錦翼にのらしめためへ
                  我神よいざ行きてみむ
                  ユタヤの国原
                  岩はしるヨルダン川の
                  柳かけ高かやがくれ
                  かせ立ててさざなみ涼し
                  千尋の青淵
                  朝日さすエリコの城の
                  高楼もうづもるばかり
                  椰子の葉のしげるも深し
                  七里の白壁
                  千早振神の記念と
                  ギルガルの岡べにさける
                  百合花の立てるも高し
                           十二の石塚  (以下略)

 和歌浦の砂浜に伏せて昔のことを偲んでも甲斐ないことだ。空に飛ぶ鳩の翼に乗って、玉津島姫よ、ユダヤの国に行きたいものだ。(玉津島姫:和歌山市和歌浦にある玉津島神社の祭神と思われる。)

 その国の、ヨルダン川の柳の陰にある家は涼しく、エリコ城の周囲には椰子が茂り、ギルガルの岡には百合の花に囲まれて十二の石塚が立っている。

 池の畔の涼しさを求めて母子が休んでいる。十二の石塚を指してこれは何かと問う子供に、母親はほほえみながら話し始めた。

 アブラハム、イサク、ヤコブの昔から、イスラエル人は住み慣れた土地を離れて、エジプトでエジプト人の奴隷になって暮らしていました。モーゼは神の導きでエジプトを逃れ、カナンの地を目指して40年も苦しい荒れ野の旅を続けました。



                    二回  古塚

                  なつかしきカナンの国の
                  山のすえ水の行衛を
                  はるばるとうちながむれば
                  帰り来て敵の本城も
                  その路もしられにけりな
                  唐錦旌旗ひるがへし
                  雲なして槍と槍とは
                  朝日さす林のごとく
                  くろがねの楯と楯とは
                  岩垣のかたくつらねて
                  武士のますら武男は
                  大将ヨシュアのあとに
                  したかいて水際に下がる
                  おりしもあれ百雷の
                  落ちるごときひびきし滝の
                  音もたえ千尋の淵の
                  底みえてひだりみぎに
                  しらなみの立分れ川に
                  一筋の道ぞいで来ぬ (以下略)

 (母はさらに語り続ける。)
 ヨシュアに率いられたイスラエル軍は、懐かしいカナンの国を目前にしてヨルダン川にさしかかりました。ヨシュアが進むと滝のように音を立てて流れていた川の水が右左に分かれ、一筋の道が現れたのです。このようにしてユダヤ軍は戦ってカナンの地を得たのですが、その記念に12の部族から選ばれた人たち立てた石塚がこれなのです。
 ところがヨルダン川の彼方から「モアブ山の野牛」といわれるエグロン王が攻めてきました。各部族から選ばれた戦士が敵軍と戦ったのですが、浪のように押し寄せる敵軍にとうとう敗れました。その戦士の中にあなたのお父さんがいたのです。
 お父さんは死の間際に一本の刀を取り出し、従者にこれを形見として妻子に渡せと命ぜられました。従者は涙にかきくれつつも山路を走り去り、それを見送ってお父さんは今や心残りなしと、敵軍の中に切り込んでゆかれたのです。この石塚こそは、神の恩寵の記念であり父の恨みの石塚でもあるのです。忘れてはいけません。
 母の話を聞き終えて、ベニヤミン族のゲラの一人子エホデは、一枝の花を石塚に手向け、白いロバの手綱を引いて、岡越しの路を母とともに帰っていった。



                     三回 山村

                     (前半省略)
                  みおろせば貢物の重荷
                  つぎつぎにはや荷ひいで
                  僕(しもべ)らは大路せましと
                  並みいたりさればエホデは
                  人しれぬみぎの腰なる
                  宝剣を上衣のしたに
                  かくしもち高屋を降り
                  僕らをさきにおくりつ
                  いまはとて別るるときに
                  やよエホデ腰の宝剣に
                  こころせよと母はいひつつ
                  気高くも輿(こし)にぞいりぬ
                  子を思ふ鶴の一声
                  武男のこころもいとど
                  みだれ蘆の葉がくれみれば
                  かなしくも帰らぬみづの
                  底深みそこのおもいを
                  いかにして母やしりけん
                    (以下省略)

 エホデは従者を従えて、荒野・山村を通ってエグロン王に貢ぎ物を運んでいる。ある時は月が雲に隠れたのを雨かと思い、ある時は夏の日差しに焼かれぬよう笠を脱ぐなと皆に言いつける。一日の旅を終わり皆が寝静まると、エホデは形見の刀を取り出して、窓から漏れる灯火にきらきらと映してみる。
 闇夜の中に蚊帳が片寄せられているのを見ると、まだ衣も脱がずに母親が床の下にひざまずいて、イスラエル人に罪あれば許し賜え、エグロンの強い手をくじいて我が民を救い賜えと神に祈る姿をみて、かたじけなさにエホデは涙した。

 やがて夜も明け、エルサレムの古城は昇る陽の光を浴びて空にそびえ立つ。その古城から見下ろせば、貢ぎ物を次々と担って従者たちは大路にあふれている。エホデは右腰に隠し持った宝剣を上着の下に入れ、従者を先に送り出し、さて今こそと別れようとした。
 そのとき「やよ、エホデ、腰の宝剣に気を付けなさい」といいつつ、母親が輿(こし)に入った。子を思う母親の鶴の一声にエホデの心は乱れた。自分の心の奥底に秘めた決意をどうして母親は分かったのだろうか。エホデはエリコ城を目指し、従者を従えて貢ぎ物を運ぶ。その昔イスラエルの城であったエリコの旧城を、エグロン王は自らの居城として再建し、贅沢な装飾を施して豪華に生活していたのである。


  
                   四回   旧城

                    (前半省略)
                  芭蕉の廣葉ひるがへし
                  吹き入る風の涼しさに
                  エグロン王は北窓の
                  隙戸おし開き藤牀に
                  猶うち臥していませしが
                  エホバの神のお命なり
                  という一声に驚きて
                  身をかえす間に
                  上衣もておほひしみぎの
                  腰よりぞあはや右手に
                  宝剣をばぬくよとみしが
                  はや王の胸板にふかく
                  刺し通し鋩脊に
                  あまりける菅のまくらも
                  真白なるかやのむしろも
                  くれないの血しほに染みて
                  凄ましくげに肥へふとる
                  白牛を屠るが如し
                     (以下省略)

  大城の正門に近くに貢ぎ物をおろさせ、近くの葡萄棚の下に従者を休ませた後、エホデは一人で正門に行き案内を求めた。門内にはいると門ごとに槍と楯を持つ兵士が大勢立ち並び、いななく軍馬や戦車が広庭に備えられている。
 そこを過ぎて大殿の階段の下まで来ると、エグロン王は御座に在り、守護する兵士は狼のようだ。その顔つきは白い山羊の皮を着た狼か、または赤いバラ園にいる蝮(まむし)とでも言おうか。エグロン王は唐錦を身にまといなかなかの風体である。御座近くに上り、国からの貢ぎ物を捧げたが、エホデの心は千々に乱れた。エグロン王がエホデを歓待してくれたのを幸いに、一同はエリコの都を離れた。途中でエホデは従者らに、思うことがあるので自分は暫くここにとどまるが、一同は国に帰るよう命ずる。従者らは心配したが、命令通り国に向かった。

 エホデはキルガルの十二の石塚におもむき、「父の仇と思わず、ただ国の敵を討つのです。名誉を願うのではありません。なにとぞ真の勇気を賜りたい」と神に祈った。再びエリコに戻ったエホデは大殿の階段の前で、「大王に秘密に申し上げたいことがあるのでお取り次ぎ願いたい」と声高に叫んだ。奥に入った近習はややあって戻り、エホデを奥へ案内する。

 芭蕉の広い葉をひるがえしながら吹き込む涼風に、エグロン王は北窓を開いて床に臥していた。エホデの「エホバの神のご命令なるぞ」と叫ぶ一声にエグロン王は驚いて身をかえしたが、エホデは上衣でかくした右腰の宝剣を右手で抜くぞと見せた瞬間、はやエグロン王の胸板には宝剣が深く刺し通され、刃先は背中を貫いた。菅の枕も茅のむしろも紅の血潮がしみとおり、太った白牛を屠ったような有様。ベニヤミン族には左利きが多いのだが、エホデも実は左利きだったのだ。エホデは密かに大殿を廊下伝いに逃げのびた。広場の兵士は、午後の暑熱の下、楯を枕に槍を投げ捨てまどろんでおり、見とがめられることもなく城外に出た。

 椰子の林にはいると、羊飼いに出会う。エホデは「いまエグロン王を刺し殺した。直ちにエフライムの男子を集めて、エリコに集まれ。野山に角笛を鳴らしてベニヤミン族を多く集めよ。ヨルダン川の浅瀬に石を積み、敵が通りやすいようにせよ。」と命じた。やがて野山には角笛が鳴り響き、人の叫び声がこだまとなって響きかえした。



                   五回   渓流

                      (前半省略)
                 西の岸にはイフライムの
                 勇士多く椰子の葉を
                 かたに荷ふて
                 ひんがしの岸にはあまた
                 ベンニャミンの武士立ちて
                 橄欖の枝を手に持ち
                 年少きエホデをあげて
                 国民の士師とあふきつつ
                 モウセの歌を三たびまで
                 うたひあげたるよろこびの
                 声猶澗に残りけり
                 皆もろともにエホデをば
                 ゲラの家まで送らむと
                 山辺を遠く見渡せば
                 夜もはや明けて朝日影
                 さしむかひたるギルガルの
                 記念の石のあたりより
                 空に群立つ山鳩の
                 その数十二あるぞあやしき
                 あわれ我その鳩のごと
                 翼あらばユダヤの国の
                 いにしへの神の恩恵を
                 つげむためいざかえらなん
                 うらやすの国に
                         「完」

 衛士が二人、大殿を見回ったが人声もなく、来客はいつ帰ったのか知らないが、王はなおも午睡して国に残した姫君を夢見ておられるか、それにしても日はすでに沈み、お許しはないが奥を空けて見ると、衣も冠も血に染み、体は床に倒れていた。あわてて鳴らす鐘の響きに、兵士が奥庭に集まったそのとき、折から聞こえるときの声。これはまさしくイスラエル軍の攻撃と、門を閉めて守ろうとしたが、夜風激しく火事が起こり、次から次へと建物が燃える。

 エホデは炎の中をくぐり抜け、敵兵を次々と倒した。戦いの響きに山も裂け、その光は空を焦がし、エリコの城はまるでこの世の地獄のよう。敵兵を川辺まで追いつめたエホデは、敵が渡る浅瀬に積んだ石を崩させた。燃える篝火に川面はきらきらと輝き、敵兵は逃げ場所を失う。大勢の敵兵が命を失い、死海の底深く流れ沈んでいった。

 ヨルダン川の西岸にはイフライムの勇士が多く椰子の葉をかざし、西岸にはベンヤミンの武士が橄欖の小枝を手に持ち、若いエホデを国民の士師(古代イスラエルの民衆の指導者)と仰いで、モーゼの歌を三度歌った。その歌声は谷間に何時までも響いた。
 皆そろってエホデをゲラの家まで送ろうと山辺を歩きつつ見渡すと、朝日の中ギルガルの記念の石塚あたりから、奇しくも十二羽の山鳩が飛び立った。

 ああ、もし私に鳩のような翼があれば、ユダヤの国のいにしえの神の恩恵を伝えるために、日本に飛び帰りたいのだが。
                                [Tad翻案]


 湯浅半月、本名吉郎は群馬県安中にみそ・しょうゆ醸造商家の四男として安政五年(1858年)に生まれた。明治十年(1877年)、半月は同志社神学校に入学、明治十五年に普通科を卒業した。彼は引き続いて神学科に入学した。この「十二の石塚」は、半月が明治十八年に同志社神学校の神学部を卒業するときに発表されたものである事、すでに上述の通りである。

 半月は在学中に池袋清風と親交を深めた。清風は和歌に優れ、桂園派(古今和歌集を宗とし、平易で調べを重んずる)を継ぐ人物。半月は清風の影響をうけその歌風を身につけたとのことだ。

 「十二の石塚」の文体には枕詞や雅語が多く、基本的に五七調で書かれており、繰り返し読むにつけ優雅な古今の世界を思わせる。ところがその題材を旧約聖書の「ヨシュア記」と「士師記」に求めている。しかも旧約聖書原典にはない、エホデによる父の仇討ち物語が付け加えられている。このことを廻って、半月が日本語による日本近代詩の創始者の一人である事を評価した上で、原典にない仇討ち物語を付け加えた事が、この詩に対する評価を二分しているという。

 半月はその後米国に留学し、旧約聖書を中心にした聖書関係の語学をマスターするなど、抜群の語学の才能を旧約聖書研究の分野で発揮したとのことだ。しかし中年になって半月は、平家琵琶、茶道、木石、日本画などにのめり込んだという。

 半月は昭和十八年(1943年)に八十五歳で没した。彼が生前、自らのために建てた墓碑は安中にあると聞く。



 湯浅半月の名前は私の古い記憶の中にあったが、この「十二の石塚」の原文はなかなか見あたらなかった。最近になりインターネットで検索したところ、甲南大学菊池慎一研究室のホームページ中、「近代詩歌研究館」に原文と詳細な解説・評論があることが分かった。

 今回の私のホームページでは、原文の一部紹介、原文のあらまし、及び湯浅半月の略歴を中心にまとめたが、このすべてに関して菊池慎一研究室の資料に負うところが多い。

 今となってはほとんど閲読の不可能な日本近代の詩歌を、インターネットで広くご提供頂いているご見識とご努力に対して、ここに謹んで敬意と謝意を申し上げる次第である。

 またこの詩の全文は下記のホームページをご参照頂きたい。
                                     [2002年1月記]

               URL : http://www.konan-wu.ac.jp/~kikuchi/


                    

                   想い出の詩 に移る。
                   想い出の詞藻 に戻る。
                   トップページ に戻る。