追憶の詩 -- (5)
In Memoriam

Alfred Tennyson

アルフレッド テニスン


                Who show'd a token of distress?
                  No single tear, no mark of pain:
                  O sorrow, then can sorrow wane?
                O grief, can grief be changed to less?

                O last regret, regret can die!
                  No - mixt with all this mysteric frame,
                  her deep relations are the same,
                But with long use her tears are dry.


               誰が心の痛みを顔に表しているだろうか?
                 一筋の涙の跡もなく、悲しみの印しもない。
                 哀惜の気持ちは薄れて行くのか?
               悲嘆の想いは消えて行くのか?

               尽きることのない悔やみも亡んで行くのか!
                 いや--その深い関わりは変わらないのだが
                 人間の不思議な体の中にしみこんで
               歳月とともに涙が涸れただけなのだ。
                                [ 翻案:Tad ]



 18世紀英国の桂冠詩人、アルフレッド・テニスンは畏友アーサー・ハラムの死を悼んで、その死の17年後に、この「追憶の詩」を発表したのだった。その詩はあまりにも長く難解であるが、愛する者を失った人の心を揺する句片がそこここにちりばめられている。

 私の娘がこの世を去ってから7年目に入る。私の日常生活には、娘への想いが表立って現れることはなくなった。だが、私は心の底から笑うことがなくなってしまった。
 深沈とした悲しみが、悔やみが、胸の中から今も消えることはない。
                                [ 2002年7月記 ]


                    

                   想い出の詩 に移る。
                   想い出の詞藻 に移る。
                   トップページ に戻る。