詩とは何か(1)

川路柳虹




                    蠅の歌


                 夏のひるの光
                砂ぼこり---草いきれ
                火薬のあとの煙り---燻る肉のにほひ、
                屍
                血
                赭土の丘
                夏の昼のひかり---

                兵士は傷の疼(うず)きに堪えかねて、
                また草に倒れた。
                繃帯(ほうたい)の血の滲(にじ)み
                脳漿(のうしょう)の膿(うみ)のただれ---血---臭み

                ガーゼ
                夏の昼のひかり

                赭土の丘---草---ほこり
                うめき声。
                呻き声---
                夏の昼のひかり。

                脳漿の膿の臭み---血---屍---
                をりから羽を鳴らして
                蒼蠅(あをばへ)が歌ひ出した---
                『死の苦しみの歌』


 高校生の時、「柳虹」という名前の響きに惹かれて彼のこの詩を読み、思わず当惑したことを思い出す。

         これは汚いゴミ箱の中身を路上にさらし、醜悪感を煽るだけではないか!
         単語をバラバラと並べただけではないか!

 口語自由詩の極致としてこの詩は存在するのであろうが、私は今もこの詩には堪えられない。これが詩として容認されるなら、私にとってその様な詩は不要だと今でも思う。

 醜悪な素材を取り上げたげたからといって、必ずしもそれだけで他人に不快感与えるとは限らない。問題は詩人が自分の詩の中で何を訴えようとしているかによると思う。草野心平の 「」 という詩と比較対照して、詩とは何か、詩はいかにあるべきか、を考えてほしい。

 西条八十は「私は詩人たらんとして定型詩の構成や文語の彫琢に努力専念した。ところが学校を出てみると、詩壇では自由詩運動で定型詩は亡び、文語の彫琢も不必要という悲運に遭遇した。苦心した武器を持て余した私は、それを童謡の中で駆使した」と述べているが、事実、この後の詩からは韻律が失われ、言葉の美しさが顧みられないものが多くなった。
  政治的プロパガンダをもって民衆詩と称する一派が、戦後も永らく存在した。それらの詩も、今日では雲散霧消してしまった。

 詩的情念を失い、言葉の美しさ、リズムの美しさを放棄した口語現代詩は、今日、漢詩や短歌・俳句に較べるべくもない惨めな地位にある。誰も相手にしないのだろう。短歌・俳句の番組はは今でもNHKテレビで毎週放映されているが、詩の時間は全くない。僅かに新聞で 短詩投稿欄が細々と生き延びているだけである。書店でも、短歌・俳句や漢詩の書棚はあるが、詩の書棚はよほどの大書店にでも行かない限り、見つけることはできない。

  "詩とは何か、詩とは何であったのか。詩を追い求めた私の青春時代は、結局、何であったのか。"

 柳虹の詩に目を通すとき、そして詩の現状を思うとき、ついこのような愚痴が私の口をついて出てしまう。



 川路柳虹、本名誠は明治21年に東京で生まれたが、小・中学校時代を兵庫県淡路島で送った。明治36年に京都美術工芸学校に入学、在学中から「文庫」に投稿し、次第に口語自由詩を発表したという。明治40年に口語自由詩「塵溜」を発表したが、その形式と内容は詩壇を騒がせたという。
 柳虹は昭和34年に没した。
                               [ 2002年9月記 ]


                     

                    想い出の詩 に移る。
                    想い出の詞藻 に戻る。
                    トップページ に移る。