詩とは何か(2)

草野心平


                    窓


                波はよせ
                波はかへし。
                波は古びた石垣をなめ。
                陽(ひ)の照らないこの入り江に。
                波はよせ。
                波はかへし。
                下駄や藁屑や。
                油のすぢ。
                波は古びた石垣をなめ。


        窓から眺める、日の当たらない入り江の光景。
        寄せては返す波は、入り江の奥に捨てられた下駄やわら屑を集め、船から
        の廃油までが筋になって漂っている。

    −−新平は、日陰の場所に不要で汚いものを捨てるという、人間の醜い営みをまず描く。−−


                波はよせ。
                波はかへし。
                波はここから内海(うちうみ)につづき。
                外洋につづき。
                はるかの遠い外洋から。
                波はよせ。
                波はかへし。
                波は涯(はて)知らぬ外洋にもどり。
                雪や。
                霙(みぞれ)や。
                晴天や。
                億万年の年をつかれもなく。


       寄せては返す波は、はるか遠い外洋から内海へ、そしてこの入り江へと続いて
       いる。
       雪の日、みぞれの日、あるいは晴れた日。この入り江で石垣をなめるように打
       ち寄せる波は、やがて涯もない外洋へ帰っていく。

    −−波は、億万年の間、変わることなく寄せては返す。雄大な自然の営みを描く新平。−−


                波はよせ。
                波はかへし。
                波は古びた石垣をなめ。
                愛や憎悪や悪徳の。
                その鬱積(うっせき)の暗い入り江に。
                波はよせ。
                波はかへし。
                波は古びた石垣をなめ。
                みつめる潮の干満や。
                みつめる世界のきのふやけふ。
                ああ。
                波はよせ。
                波はかへし。
                波は古びた石垣をなめ。


       人間の心の中の暗い入り江。そこでは愛、憎悪、悪徳が鬱積している。その心の
       入り江にも波は打ち寄せる。
       波は人の心の動きや、世界の歴史を見つめながら、今日も古びた石垣をなめるよう
       に寄せては返す。

   −−人の営みは醜い。−−

   −−だが自然は、その醜い人の営みをやがては洗い流してくれよと、新平は願うのか。−−





  草野心平の「窓」という詩は、窓から眺めた入り江の奥まった場所に、下駄や藁屑や油の筋が、寄せては返す波に揺られる様を描いた、決してきれいとは言い難い詩で、詩の後段では「愛、憎悪、悪徳」などの人間の悪しき性(さが)をすら描いている。

  しかし何度もこの詩を読む間に、「波はよせ、波はかえし」「波は古びた石垣をなめ」の繰り返し、あるいは詩の各行が短い文章で構成されていることなどから、湾の奥まった入り江に寄せてくるゆったりとした波の情景が目に浮かび、しかも詩そのものに律動感を感ずることができる。

  更に、詩の中段・後段では、湾の奥に打ち寄せる波もいつしか「涯(はて)知らぬ外洋にもどり」、やがて新しい波が湾の奥に打ち寄せてきて、汚物や醜い人間の性(さが)を洗い流してくれることと、新平は期待しているのであろう。(ある評論家はこの詩を「ダル」な情景の描写というが、私はその説をとらない。)

 この「窓」という詩は、言葉づらを見る限り、決してきれいな詩ではない。しかし私にとってこの詩は、人間の心理の深奥にある醜い性を描きつつも、やがてはそれを洗い去る自然の雄大さを歌った素晴らしい詩であると思う。
  

  詩のよしあしは取りあげる素材の醜悪ではなく、詩人が描こうとする詩的情念や詩的情景などの詩の心がどれだけ読者に深い感動を与えるかにあるのではないだろうか。

  前回、「詩とは何か(1)」で取りあげた川路柳虹の「蒼蠅の歌」と読み比べて、二人の詩人の詩の心の違いを感じ取って頂きたい。そして「詩とは何か」をお考え頂きたい。





 草野心平は明治36年福島県に生まれた。大正9年に慶應義塾大学に入学したが半年ほどで退学し、翌年中華民国の嶺南大学に入学したが、ここも大正12年に中退した。学生時代から貧困の内に詩作を始め、古本屋、焼鳥屋、居酒屋などを経営して生活を支えたこともあったという。
  新平は、人々の生活感情を変えるや石や天などの素材で歌い上げるという特異な詩の世界を作り上げた。
 昭和63年、草野心平は85歳で没した。
                                     [ 2002年9月記 ]


                
               
                    想い出の詩 に移る。
                    想い出の詞藻 に移る。
                    トップページ に戻る