追憶の詩---(6)
In Memoriam

Alfred Tennyson
アルフレッド・ テニスン



               I shall not see thee. Dare I say
                  No spirit ever brake the band
                  That stays him from the native land
               Where first he walk'd when claspt in clay.

               No visual shade of some one lost,
                  But he, the Spirit himself, may come
                  Where all the nerve of sense is numb;
               Spirit to Spirit, Ghost to Ghost.

               O, therefore from thy sightless range
                  with gods in unconjectured bliss,
                  O, from the distance of the abyss
               Of tenfold-complicated change,

               Descend, and touch, and enter; hear
                   The wish too strong for words to name;
                  That in this blindness of the frame
               My Ghost may feel that thine is near.




               私におまえはきっと見えないだろう。
                  人の姿で歩いていた霊魂を
                  この地上から引き離すきずな、
               それを振り切って帰ってきた霊魂はないのだ。

               亡き人の姿は人の眼に映らない
                  だが全ての感覚が麻痺したときに
                  霊魂は帰ってくるかもしれない
               霊魂が霊魂を、幻影が幻影を求めて。

               されば、神の祝福に満ちあふれる
                  見はるかすかなたから、
                  十重にもつれた変幻の深淵から
               霊魂は帰ってくるかもしれない。

               降りてきて触れて、私の心に入ってくれないか。
                  この感覚の萎えた体の中にある
                  言葉では言い表せない強い願いを聞いてくれないか。
               おまえが近くにいることを私の霊魂に悟らせてくれないか。
                                      [翻訳:Tad]



 亡友ハラムを偲んで書かれたテニスンの「追憶の詩」は、入江直祐氏(テニスンの研究者・翻訳者で、法政大学に在職しておられた。)によると1850年の初夏に匿名で出版されたもので、テニスンにとってこの詩は個人の悲しみを訴える詩ではなく、悲哀、希望、平和、歓喜と推移する全人類の心理的過程を、年々の降誕祭の歌を区切りにして書き表した「幸福な終局を持つ神曲」であるとのことだ。
 当時は進化論が勃興しだしたときで、伝統的な英国ビクトリア朝の文化と信仰は、新しい科学の出現におびえていたのだそうである。
 テニスンはこの詩の中で、「神は愛であり、超絶であり、普遍である。この信念は自然や人事から汲み取ることはできず、胎内の最も尊いものから授かるのだ」と述べている。かくしてこの「追憶の歌」は、宗教界、科学者、そして宮廷からも下層者からも一斉に歓呼をもって受け入れられたのだそうだ。
  
 だが、キリスト教の信仰を持たない私にとって、この詩は結局理解しがたいものであった。時折、テニスンが旧友ハラムを追悼して書いた詩が私の心を捉え、その詩をこれまで取りあげてきたが、それも終わりに近づいてきた。ハラムが突然なくなったのは1833年、それから10年以上後にこれだけの大作を亡友ハラムに捧げたテニスンのハラムを追悼する気持ちには、ただただ頭が下がる。

 この訳詞を、7年前の7月に世を去った娘の霊前に捧げる。
                            [2003年7月10日記]


                    

                   想い出の詩 に移る。
                   想い出の詞藻 に戻る。
                   トップページ に戻る。